​こんまり®︎流 片づけのコツ

理想の暮らしはどんな暮らし?

どんな家に憧れる?どんな部屋が好き? 自分の理想の暮らしはどんな暮らしかを思い描くことから始めましょう。雑誌や写真などでお気に入りを見つけるのもときめく時間になります。

そこで何をする?どう過ごす?

片づいた後、理想の空間で何をする?どう過ごす? その場所での行動を具体的にイメージしてみましょう。朝起きてから夜眠るまでを思い描いてみるのもおすすめです。

目的は理想の暮らし、片づけ完了は目標

片づけ完了は目標であり道しるべ。一つの通過点。 目的を見失わないようにしましょう。 どんな暮らしがしたいから片づけを始めたのかを忘れなければ続けられます。

モノを減らさないと片づかない

しまい込むために収納家具や収納用品を買っていませんか?それでは家が狭くなるばかり。 モノを減らさないと家は片づきません。

大切にできる量には限りがある

量が多すぎると全てを大切にするのは難しいです。 自分で管理やメンテナンスができる量はどれくらいかを見極めましょう。

片づけ宣言をする

自分への決意表明として片づけ宣言をしましょう。 言葉にすることは実現のためにとても効果があります。周りのサポートを得られるかもしれません。

期限を決める

人は締切がないとなかなか動けないもの。 いつまでに終えるのか?期限を決めて逆算して進めていくことをおすすめします。

それは誰のモノ?

それは誰が持ち込んで、誰が責任を持って最後まで面倒を見るのでしょう? モノの持ち主は誰かを明確にしましょう。

まずは自分のモノから

家中のモノを片づけようとすると心が折れそうになります。家族のモノが気になるかもしれませんが、まずは自分のモノから始めましょう。

持っているモノを知る

片づけ始めると、思った以上のモノの量に驚きます。何を、どれだけ持っているのか?現状を把握しましょう。

カテゴリー別に全部出す

モノの量を把握するために同じ種類のモノを家中から一箇所に集めましょう。 量にショックを受けるのも大切なステップです。

場所別ではなくモノ別

あちこちに同じ種類のモノが散在していると選ぶのが大変です。二度手間にならないように場所別ではなくモノ別で片づけましょう。

片づけの順番

片づけは選びやすいモノから順番に行いましょう。 基本の順番は「衣類→本→書類→小物→思い出品」です。

捨てるモノではなく残すモノを選ぶ

捨てるモノを選んでいると自分を責めたりイライラしたりします。 残すモノを選ぶと宝探しのように楽しくなります。

比べて選ぶ

一番好きなモノはどれ?1軍、2軍に分けるとすれば?どちらがよりときめく? 同じ種類のものを比べると選びやすくなります。

選ぶ基準は自分のときめき

気分が上がる?沈む?いい気分になる?落ち込む? 自分がどう感じるのか?自分のときめく感覚を掴みましょう。

ときめきは触れて感じる

収納に入ったままのモノは景色のようになって気配を消しています。一つ一つ出して触れることでときめきを感じやすくなります。

ときめくモノは堂々と残す

誰がなんと言おうと、自分が持っていると嬉しくなる、幸せを感じられる、そんなときめくモノは堂々と残しましょう。

ときめかないモノはお役目終了

モノは役目が終わっていても自分で家から出ていくことはできません。これまでのお役目に感謝して手放してあげましょう。

そのモノの役目は何か?

選ぶ時に迷った時は、それはなんのために存在しているのか?どうして手元に来てくれたのか?を考えてみましょう。

「いつか」より「いま」が大切

来るかどうかわからない「いつか」のために今を窮屈にしていませんか? 大切なのは「いま」この時です。

居場所(定位置)を決める

戻す場所が決まっていないと片づけられません。すぐに散らかります。選んで残したものは全て居場所(定位置)を決めましょう。

「たたむ」「立てる」

収納のコツは「たたむ」と「立てる」の2つ。 たたむと収納力が格段に上がります。 立てると一目でわかるようになります。

分散させない

ザックリした分類で良いので、同じ種類のものは近くに収納しましょう。この辺にこの仲間があるとわかっていれば、探す時間が短くなります。

選び終えるまでは仮収納

収納を考え始めると片づけの流れが中断されます。 残すモノ全てを選び終えてから収納を考えましょう。

使ったら元に戻す

戻す場所さえ決まっていればあとは元に戻すだけ。 普段の片づけはこれだけなので、格段に楽になります。

片づけは祭り

祭りの片づけは必ず終わります。 いつまでもダラダラ続けず、気分を高めて一気にやり終えましょう。

片づけはマインドが9割

ノウハウよりも大切なのがマインドです。 どうありたいのか?どうなりたいのか?決めてから行うことが成功の秘訣です。

ものと向き合う 自分と向き合う

手元にあるものは過去の自分自身の選択の結果です。辛くなる時もありますが、決して否定せずに受け入れていきましょう。

過去への執着 未来への不安

捨てられない理由は「過去への執着」か「未来への不安」のどちらかです。自分はどちらなのか?持ちモノの癖を知りましょう。

いま 何が必要?何に満たされる?何を求めている?

「いま」感じるままに選んでいきましょう。 「いま」の「ときめき」が未来に繋がっています。

どんなものに囲まれて生きたいか

何と一緒に暮らしますか?ときめくモノに囲まれることで未来が輝いていきます。

何を残すかはどう生きるかと同じ

残すものは自分の未来を象徴するものです。 あなたが残すものはどんなものですか?

見極める 手放す 認める

片づけは、何千回何万回とモノと向き合い、自分に問いかけ「見極め」「手放し」「認める」ことを繰り返す作業です。

判断力 決断力 自信

こんまり流片づけは、判断力(見極める力)、決断力(決める力)自分を信じる力(自信)を身につけることができます。

足るを知る

ないと思っていたけれど実はこんなにも持っていた。充分だったと気づくと幸せに生きられるようになります。

自分の好みや価値観を知る

自分が何を大切に思っているのか?好みや価値観がわかるとこれからの選択に迷いがなくなります。

人生における選択で何を選ぶ?

私たちは何かを選ばない日はありません。人生は日々の選択の積み重ねです。

いつ向き合うか?

さあ目の前のモノにいつ向き合いますか?それすらも私たちは選ぶことができます。

大丈夫を体験する

不安だし怖いけれど、やってみると大丈夫だったということは多いです。体験を積み重ねましょう。

ときめきも片づけも伝染する

もらい泣きやつられて笑うように人の感情は伝染します。同様にときめきも片づけも伝染します。

片づけも人生も主役は自分

ときめきは自分にしかわからないからこそ、片づけも人生も自分が主役なのです。

モノは人生のパートナー

モノはこれから一緒に過ごしていく大切な存在です。とりあえずではなくときめきで選びましょう。

本当に大切なもの

本当に大切なものは自分にしかわかりません。自分だけのときめきを大切にしましょう。

家とモノに敬意と感謝

モノも家もいつも私たちを支えてくれています。「ありがとう」と声をかけてあげましょう。