top of page

ひとめでわかる!こんまり流片づけの方法

更新日:2022年10月1日

いろいろな片づけの失敗の後たどり着いた

こんまり流片づけの進め方をイメージ図にしてみました。

理想の暮らしをイメージ


片づけようと思った時に、一番はじめにすることは

「どんな家や部屋でどんな風に暮らしたいか?」しっかり考えること。

こんまり流片づけイメージ1理想の暮らしをイメージする

・片づいた部屋はどんなお部屋にしたいか?

・そこで何がしたいか?

・そもそもなぜ片づけたいか?


目的をはっきりさせておくと、行き詰まった時に迷子にならずに済みます。

嫌になった時にも、思い出せばまた続けられます。


ものの見極め(ときめきチェック)

片づいていない、何がどこにあるのかわからない状態。

もらったもの、買ってきたものをとりあえず空いている隙間に入れています。

こんまり流片づけイメージ2片づいていない状態

その中からモノをカテゴリー(種類)別に全て出します。

こんまり流片づけイメージ3カテゴリー別に全部出す

えっ!? こんなにたくさん持っていたの?とショックを受けます。 収納してあるとわからないですが、自分が思っている以上に多いです。

このショックを受けることも片づけの大切なステップです。

別の場所に入っている同じカテゴリーのものも探し出して全部出します。

選ぶ際の二度手間を減らすためです。


持っているモノの総量を知ることが大切なのです。

ものが多すぎる場合、選びやすくするためにさらにカテゴリー(種類)別に分けます。

まとめて全部出す場所がない場合は、このカテゴリー別に出してもOKです。

こんまり流片づけイメージ4カテゴリー別に分ける

この中から、ひとつひとつ触れてときめくものを選び出します。

手放すものではなくこれからの未来に残すものを選んでいきます。

必ず手で触れて自分の体の反応を確かめます。

見た目、匂い、手触りなどを感じます。 ウキウキ・ワクワクする?嬉しい?楽しい?面白い?ホッとする?安心する?キュンとなる?

比べてみます。

どれが好き?どっちが好き?一番はどれ?

一軍、二軍、三軍ならどの順番?


思い描いた理想の暮らしの中にこれはある?

これからの未来も一緒に過ごしたいかな?

ポジティブな感情が湧いてくる!思わず笑顔になってしまう!幸せな気持ちになる!

それが「ときめき」です。

人それぞれなので、なんでもかまいません。

始めはよくわからなくても進めていくうちに気分が上がったり、沈んだりするという感覚がわかるようになり、選ぶのが早くなっていきます。

こんまり流片づけイメージ5ときめくものを選び出す

そして気づくのが

以前はときめいたけれど、今はときめかないものがたくさんあること。

ときめきは時とともに変わっていきます。

今のときめきを大切に、残すものを選んでいきます。

1つ1つ選んでいくと、果たしてくれていた役割に気づき、ものがとても大切に思えてきます。

家にあるものは決してゴミではありません。

一瞬でもときめかせてくれた。何かの役目を果たしてくれた。お世話になった。支えてくれた。

ときめかないものは「ありがとう」と感謝の気持ちを込めて手放します。

そうすると捨てることに対する罪悪感が少なくなります。

ものは自分から出ていくことはできないので、手に入れた人が最後まで責任を持って手放すのです。

ここで迷うのが

・使わないけれど、ときめくもの

・ときめかないけれど、捨てられないもの

こんまり流片づけイメージ6迷うもの

・使わないけれど、ときめくもの


堂々ととっておきます。箱などにしまっておくのではなく活かす。

飾ってみる。違う方法で使ってみる。 ・ときめかないけれど捨てられないもの

思い切って手放します。

手放しても大丈夫だという経験をする。なんの問題もないことが多い。

どうしてもないと困るものは、そんなに多くはありません。

他のもので代用できたりするのです。 それがわかると手放すことに抵抗がなくなります。 そして、不思議なことに、本当にご縁のあるものはまた手元にやってきます。

契約書類などはときめかなくても捨てません。

ときめかないけれど無いと困るものは、そのものの役目、良いところを見て褒めてみてください。 しっかり役目を果たしてくれているものたちに愛着が湧いてきます。

・残すものを選び切ったら、家の中はときめくものばかり。

ほったらかされて、存在を忘れられているものがなくなる。

全てのものを把握して、大切にできる。

この状態を目指して、ものの見極めをしていきましょう。

まずは捨てるを終わらせる。収納はその後です。

ときめく収納

残すと決めたものたちはたたんで立てて収納します。 収納力が格段に上がります。持っているものがひとめでわかります。 その幅以上にものが増えることを防げます。


引き出しの中はグラデーションになるように入れます。

何色をどのくらい持っているのかがわかります。

こんまり流片づけイメージ7引き出しにはたたんで立てる

奥が濃い色、手前が薄い色。 引き出しを開けた時にときめくように彩りを考えて収納します。

しまうときにもどこに入れるのかがすぐにわかります。 立てるのが難しいものは箱などで仕切ります。 四角く区切って入れるのは、収納の技です。 収納に迷った時はたたんで立てるを思い出して、パズルのように楽しみながらやってみます。


棚収納の場合は下から上にうなぎ上りのイメージで収納します。

こんまり流片づけイメージ8棚にはグラデーションで入れる

重い感じ→軽い感じ 濃い色 →淡い色

クローゼットは左から右に右肩上がりに収納します。

こんまり流片づけイメージ9クローゼットは右肩上がりに

長いもの→短いもの 重い感じ→軽い感じ 濃い色 →薄い色 この状態になると何かを買う時、ときめくものがわかっている。ときめかないものは買わない。 何を持っているかがわかっている。同じようなものを買うことがない。

こんまり流片づけイメージ10ときめくものばかり残す

だから無駄な買い物がなくなります。

家の中にときめかないものがあることに違和感を感じる。無料だからともらうこともなくなる。

だからものが増えません。

丁寧に扱うので長持ちします。メンテナンスや管理がしやすくなります。

面白いことに、私は季節が変わるごとにチェックすると、どんどん量が減っています。

お気に入りばかりで居心地がいい状態が継続します。 ・収納量は9割で

隙間がありすぎると余計なものを入れてしまいがちです。 ものが減って寂しくなるかもしれないけれど、その分残したものを大切に扱うようになります。

空いた隙間はこれから出会うときめくものの収まる場所です。 ものに寂しさを紛らわせてもらっていたのかもしれません。

ときめくものたちとともに自分のことも、もっともっと大切にしてあげましょう。 お花を飾ると一気にお部屋が華やぎますのでオススメします。 これは基本の収納なので、自分のときめきを重視して考えてみてください。

以上が、こんまり流片づけのイメージです。

管理できる量には限りがあるので、ものが多すぎると全てを大切に扱うことはできません。


ぜひ、やってみてくださいね。

bottom of page