​こんまり流片づけ体験セミナー

帰ってすぐに片づけたくなる♪

本を読んだ方も、読んでいない方も、帰ってすぐに片づけたくなると大好評!

近藤麻理恵が監修した、1時間半で「こんまりメソッド」の概要をわかりやすくご紹介するセミナーです。

●片づけたいのに、片づけられないのはなぜ?

●片づけの時、一番始めにすることは何?
●捨てられなくて困る時はどうする?

●​ときめきで選ぶってどういうこと?


こんな方におすすめ
○片づけの方法を知りたい
○片づけに取り組むきっかけが欲しい

​​○本を読んでも実践ができない
 

こんまり流片づけの最初の一歩!​

🌷セミナー内容:

1. 片づけをするうえで大事なこと

2. 片づけられない2つの理由

3. リバウンドしないための5つのステップ

4. ものを見極めるときのコツ

5. 収納のコツなど

事例・体験談・ワークを通して楽しく学べます。​​

🌷持ち物:筆記用具​​​​

🌷所要時間:120分程度

🌷定員:4名程度(少人数制)​​

 

🌷受講費用:1人/4,400円(税込)

*会場がカフェの場合は+飲み物代等(当日各人にて)

*ご予約確定後一週間以内の事前振込をお願いしております。

🌷お申込み方法:

お申込みフォームに必要事項をご記入ください。

*詳細はメールでご連絡しますので、開催日3日前までにお願いします。

留意事項:大変申し訳ありませんが、小さなお子様のご同伴はご遠慮いただいております。​

gmail.comからのメールを受信できるよう設定してください。​迷惑メールフォルダに入ることがありますので、ご確認をお願いします。

キャンセル規定など:キャンセルされる場合は必ずご連絡ください。ご予約確定後は以下のキャンセル料が発生します。

・開催当日の3日前以前のご連絡:500円

キャンセル料、振込手数料を差し引いた残金をご返金します。
・開催当日の2日前以降のご連絡:ご返金に応じかねます。

ご了承の上お申込をお願いします。

こんまり流片づけ

体験セミナー(少人数制)

日時 *現在調整中

  月  日( )

  月  日( )

会場
岡山市北区問屋町9-101 3F
AUTHENTIC LLC. セミナールーム

★開催依頼も受付中★

「行きたかったがその日は都合が悪い」

「小さな子どもと一緒に聞きたい」

「実家で母にも聞かせたい」

「イベント・勉強会で開催したい」

そんな声にお答えします。

定員はありません。お子様もOK!

ときめく日・ときめく時間・ときめく場所で、ご夫婦・ご家族・お友達同士で受講できます。

🌷ご依頼方法:お問合せフォームからご相談ください。詳細はメールでご相談します。

一番早い開催希望日の14日前までにご連絡をお願いします。

ご感想

受講後すぐに実践した方が写真を送ってくださいました

事例や体験が具体的で参考になり、大変満足しました。すごく楽しく、とても分かりやすく、勉強になりました。なんといってもやる気が沸々と湧いてきた!

すぐに活かしたい。

帰ってあれをしようかこれをしようかと、頭の中でぐるぐるしてきたのですぐにやりたい。​本などを読んで頭ではわかっているつもりだったが、やはり聞いた方がいいと思った。​

なんでも捨てなくてはいけないと思っていましたが、自分のときめくものは残してもいいんだとわかり、安心しました。ものに対してときめくことについて、こんなに素敵な体験ができてよかった。

部屋をキレイにするのに、いらないもの探しを続けていたけど、ときめくものを探せばいいということを知ったら、少し片づけることが楽しめるかも?と思いました。

 「片づける」=「元に戻す」と思っていましたが、その前の段階が大切だとわかり、目からウロコが取れた感じ。これから頑張ってみたい。

片づけは難しいイメージがありましたが、挑戦できるかなと思いました。具体的ですぐに実践できることが多く、全て役に立つと思います。

後回しにしてきた片づけに手をつけようという気になりました。家族が動かないことを不満に思うより、まずは自分が始めればいい。

ものには限りがある!いつかは終わる!ことがわかりました。家族にも助けてもらい、片づけをする決心がつきました。

家中を片づけないといけないと思ってうんざりしていたけど、気持ちが軽くなってできそうな気がしてきた。

これからの人生をどのように生きていきたいか?片づけを通して考え、気持ちも家も物も人も、ときめくような人生にしたいと思いました。

一気に片づけをして、これからの人生を楽しくイキイキ過ごせたらと思います。捨てる罪悪感が減りそう。片づけが楽しみになりました。​

毎日片づいてないなあとネガティブに考えるのではなく、片づけることによってときめくと日々をポジティブに暮らすことができるということがわかった。

家中から全て一箇所に
立つようたたむ
これまで「ありがとう」
全て入りました
Show More