5/29 手話通訳さんとときめき片づけ体験セミナーを開催

May 29, 2017

今回の会場もきらめきプラザさん。

 

2月に引続き、岡山県聴覚障害者福祉協会女性部の方にリクエストをいただき、ときめき片づけ体験セミナーを開催いたしました。

 

 

2月の様子はこちら

 

今回も手話通訳の方がお二人お手伝いしてくださって、男性の方も参加してくださって、楽しく開催できました。

 

 

受講のきっかけは?

 

部屋を綺麗にしたい
室内をスッキリさせたい
 
家にものがありすぎて捨てられない
片づけをしたいけれどなかなかできない
 
片づけのヒントが得られると思った
片づけの方法を教えてもらいたい
 
育児が終わり現在片づけ中で、話を聞けばもっと片づけられると思った
 
自分も変わりたい


片づける気持ちを奮い立たせるため

 

それぞれご自身のテーマを持って参加してくださいました。

 

 

目的意識を持って参加しておられる!


簡単にできそうで、なかなかできないことなのです。

 

何かを学ぶ時には、何となく聞きに行くのではなく、今日はこれを手に入れて帰る!という目的を持って参加すること。 

 

帰ってからの効果が全く違ってきます。

 

 

それに興味を持ったものに向けて動く!

 

フットワークが軽いって素敵です。

 

 

セミナーではテキストをお渡しして、そこに書き込んでいただくのですが、はじめにお伝えすることがあります。
 
書き込むこと以外にもたくさんお話しします。
心に響いた ときめいた言葉だけ メモして帰ってくださいね。


人それぞれ手に入れたい情報は違っていて、同じセミナーでも印象に残ることは違っているのです。
 
これ!という言葉。
 
それが自分が今日手に入れたかったもの。


それが今日のときめきです。
 
 
今回も、捨てられない!というお悩みがとっても多かったです。
 
衣類が 本が 書類が 写真が 親のものが

 
さて、受講後はどんな風になったでしょうか?

 

 

通常は1時間半のセミナーですが2時間お時間をいただいたので
 
片づけ事例と収納のコツ


たたみ方実践
 
もプラスアルファでお伝えしました。
 
 
 
全体を通してのご感想
 
片づけ方のイメージができた。
  
目先のことばかり気にしていたが全体を把握してしっかり取り組まなければならないとわかった。
 
物に対してときめくことについてこんなに素敵な体験をさせていただいてよかった。

 

時間が足りない。もっと時間が欲しかった。

 

質問コーナーの皆さんの質問が参考になった。

 

わかりやすく、片づけをしたくなるような楽しいセミナーだった。
  
実際に衣類をたたんだり、見ることができたので、自分でもできそう。
 

ときめきは自分の気持ちだけで十分なのだと思った。

 

嬉しいご感想がいっぱいです。

最後の言葉が嬉しすぎます。

 

 

印象に残ったこと 
 
ときめくモノを残すこと。
 
捨てるものを選ぶのではなく残すものを選ぶこと。
 
普段から少しずつではなく一気にやること。
 
ときめきから始めたらいいということ。
 
片づけ方のポイント。
 
ときめくものがまたやってくるという考え方。
 
たたみ方の実演。
 
右肩上がりにかけること。
 
みなさん、今日ときめいたことを、しっかりと持って帰っていただけました。

 

 

もっと知りたいこと 
 
カテゴリーごとの片づけ方
 
めったに来ていない着物の片づけ方
 
衣類以外のものの片づけ
 
お時間があればもっとお話ししたかったです。 

 


もう一度こんまりさんの本を読み直して、改めてときめきを高めたい。

 

と書いてくださった方もおられて、ときめき感度を高めることの大切さを感じ取っていただけたようです。

 

 

 

終わった後に手話通訳さんに 

 

みなさんの熱気がすごくて、お顔がどんどん輝いていくのがわかって、ときめいておられるのが感じられました。

 

と言っていただいたのが、本当に嬉しかったです。
 
 
私は手話ができなくて、通訳さんを通してしかお話しできなかった。

 

けれど

 

こんなにもたくさんお伝えすることができて

しっかり受け取っていただけて

楽しい時間が過ごせて

みなさんの笑顔が見れて
 
ほんとうに幸せ。
感謝でいっぱい。
 
ぜひぜひ、みなさんにときめくものに囲まれた輝く人生を実現していただきたいと思っています。


 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

Please reload

最新記事

Please reload

カテゴリー